TAKASHO Laboratory Support, Facilities and Equipment

  • 1. 方針の決定

    環境保全をすることが第一の目的です。

    有害ガスの排出を少なくするよう改善します。

    規則等を調べ最終排出濃度の目標を設定します。

  • 2. 設置計画の決定

    混合ガスは避け、できる限り別々に分離して排出します。

    有害ガスの量、温度、組成、性状、濃度を調べます。

    電力、用水、廃水処理、設置場所を検討します。

    処理方法、処理風量、処理装置を決定します。

スクラバー(排ガス洗浄装置)フローシート例

湿式スクラバー

GS研究所、検査所、工場等から排出される有害ガスを中和処理
するのがスクラバー(排ガス洗浄装置)です。気液の接触率の
高い充填材を使用しスプレー ノズルから均一な中和液散布を
実現することによって安定した高い有害ガス除去効率を得る
ことができます。あらゆる排ガス処理に高性能で対応できる
充填式スクラバー です。

型式 W1 W2 W3 D1 H1 H2 H3 H4
GS-050 500 500 1000 500 75 500 2000 2875
GS-075 750 1250 750
GS-100 1000 1500 1000 100 2900
GS-120 1200 800 2000 1200 600 2400 3400
GS-150 1500 900 2400 1500
型式 W D Hmm 処理風量 排気ファン 循環ポンプ 運転重量
㎥/min 動力 KW 静圧 Pa 水量 ℓ/min 揚程 m 動力 KW kg
GS-050 500×1000×2875 25 0.75 588 80 8 0.4 410
GS-075 750×1250×2875 40 1.5 686 140 0.75 750
GS-100 1000×1500×2900 60 2.2 784 280 1.5 1100
GS-120 1200×2000×3400 100 3.7 882 420 2.2 1650
GS-150 1500×2400×3400 120 5.5 980 540 3.7 2250