PRODUCTS

トップページ > 製品情報 > ガラス戸試薬棚 スチール中央実験台

ラボファニチャー

ガラス戸試薬棚 スチール中央実験台
LBS103D

甲板 ケミサーフ(耐薬品)
エッジ ポリプロピレン製
脚部 レベルアジャスター付

ラボラトリーワークステーション

卓上棚:両面ステンレスセーフティーパイプ
本体:スチール各フレームパイプ/両面メラミン化粧パーティクルボード/粉体焼付塗装

本体カラー:ホワイト/ライトグレー

サイズ(W×D×H)mm
LBS103D-18 1800×1500×800/1800
LBS103D-24 2400×1500×800/1800
LBS103D-30 3000×1500×800/1800
LBS103D-36 3600×1500×800/1800
この製品について問い合わせする
人間工学の視点から検証した実験台の高さ
実験台の高さは作業性に関わるばかりでなく、研究者の体に影響を及ぼします。低すぎると腰に負担がかかり、高すぎると肩に力が入ってしまいます。従来、実験台の作業面の高さは800mmが標準でした。しかし日本人の高身長化に合わせて高さ850mm900mmを標準仕様としました。
研究者・作業者の身長や作業姿勢(立ち作業・座り作業)に合わせて選択頂けます。
お客様環境を考えて、ご提案させていただきます。

推奨サイズ作業面の求め方
身長/2+5cm
(靴のかかとを考慮して、求められる数字より若干高めが適切です)

ラボファニチャー一覧 LAB FURNITURE

その他研究設備・実験設備のことなら
お気軽にご相談ください。

<お電話でのお問い合わせ>048-422-0156

月〜金/9:00〜17:30
土日祝日除く

GO GREENSustainability,Respect For The Future

「持続可能な未来へ」

私たちはサステナビリティという原則を大切にしています。
持続可能性は私たちの日常のオペレーションの全てにつながっており、
環境に対する配慮と経済的にも持続可能であること、社会的な責任を意識し、
そのバランスを考えた「ものづくり」をおこなっています。

TAKASHOの取り組み