BLOG

トップページ > ブログ > クリーンベンチとバイオクリーンベンチの違いと仕組み

クリーンベンチとバイオクリーンベンチの違いと仕組み

SOUMU
POSTED:2018.06.21
WRITER:SOUMU

 

弊社では スリムクリーンベンチ という一般的なものよりも

 


スリムで搬入も楽々なクリーンベンチを製作しております。

 


一般的なドアサイズでも搬入可能な720mm幅となっております。

 

 

そこで今回は、簡単に

 

クリーンベンチとバイオクリーンベンチの違いと仕組み

 

について簡単に説明しようと思います。

 

 

主な違いを表と図で記します。

 

 

[table id=1 column_widths=”20%|40%|40%” /]

 

 

 

クリーンベンチの気流

 

 

バイオクリーンベンチの気流

 

このように使用される場面での違いがあり、給気方法や排気方法も異なります。

 

しかし、集塵効率はどちらも99.99%となっていますので、

 

安心して作業を行うことができます。

 

 

クリーンベンチ作業面の一部が物置となっている方はいませんか?

 

 

物が置いてあることにより気流も乱れ、

 

クリーンベンチ本来の性能が出ない場合があります。

 

少しでも部屋を広く使うためにも

 

必要最低限の作業面でスリムに設置できる

 

弊社の スリムクリーンベンチ の導入をお考えください!

 

 

まずはお気軽にお問い合わせを・・・!


〈 お問い合わせ先 〉

おかげさまで40周年

局所排気設備・排ガス洗浄装置のことなら

貴商エンジニアリング株式会社へ

本社・戸田工場 〒335-0035

埼玉県戸田市笹目南町38-10

TEL 048-422-0156

FAX 048-421-2913

 

TAKASHOではお客様の『困ったなぁ』にお応えし、様々な角度からご提案させていただきます。
クリーンベンチ/ドラフトチャンバー/色見台/色評価台(LED Ra97)/クリーンドラフト/スクラバー/排ガス洗浄装置

貴商エンジニアリング株式会社
埼玉県戸田市笹目南町38-10
TEL. 048-422-0156 
FAX. 048-421-2913

RELATED POST関連記事

その他研究設備・実験設備のことなら
お気軽にご相談ください。

<お電話でのお問い合わせ>048-422-0156

月〜金/9:00〜17:30
土日祝日除く

GO GREENSustainability,Respect For The Future

「持続可能な未来へ」

私たちはサステナビリティという原則を大切にしています。
持続可能性は私たちの日常のオペレーションの全てにつながっており、
環境に対する配慮と経済的にも持続可能であること、社会的な責任を意識し、
そのバランスを考えた「ものづくり」をおこなっています。

TAKASHOの取り組み