BLOG

トップページ > ブログ > ICP発光分析装置におけるダクト工事にお困りですか?

ICP発光分析装置におけるダクト工事にお困りですか?

SOUMU
POSTED:2018.05.29
WRITER:SOUMU

 

 原子吸光分析   

 

 ICP発光分光分析  

 

 ICP質量分析

 

を導入されるお客様、それらに付随するダクト工事でお困りではありませんか。

 

 

 

弊社は、ドラフトチャンバークリーンベンチの納入だけではなく、

 

実験室における ダクト工事 を請け負っております。

 

 

 

 

分析装置に直接接続する方法や、フードとして配管する方法等があります。

 

 

工事に至るまでの基本的な流れとしては

 

お問い合わせ

 

 

現地調査

(ダクト配管位置の確認や施工日数の検討を行います)

 

原子吸光分析、ICP分析装置塔設置(※弊社では行っていません)

 

 

ダクト工事

 

 

となっております。

 

 

弊社は、自社一貫の生産、施工体制となっていますので、

 

ドラフトチャンバーやクリーンベンチの納入だけではなく、

 

ダクト工事も安心してお任せください。

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

〈 お問い合わせ先 〉

おかげさまで40周年
局所排気設備・排ガス洗浄装置のことなら
貴商エンジニアリング株式会社へ
本社・戸田工場 〒335-0035
埼玉県戸田市笹目南町38-10

TEL 048-422-0156
FAX 048-421-2913

 

 

 

TAKASHOではお客様の『困ったなぁ』にお応えし、様々な角度からご提案させていただきます。
クリーンベンチ/ドラフトチャンバー/色見台/色評価台(LED Ra97)/クリーンドラフト/スクラバー/排ガス洗浄装置

貴商エンジニアリング株式会社
埼玉県戸田市笹目南町38-10
TEL. 048-422-0156 
FAX. 048-421-2913

RELATED POST関連記事

その他研究設備・実験設備のことなら
お気軽にご相談ください。

<お電話でのお問い合わせ>048-422-0156

月〜金/9:00〜17:30
土日祝日除く

GO GREENSustainability,Respect For The Future

「持続可能な未来へ」

私たちはサステナビリティという原則を大切にしています。
持続可能性は私たちの日常のオペレーションの全てにつながっており、
環境に対する配慮と経済的にも持続可能であること、社会的な責任を意識し、
そのバランスを考えた「ものづくり」をおこなっています。

TAKASHOの取り組み