トップページ > ブログ > SOUMU

定期的にフィルター交換はしていますか?

 

みなさんこんにちは、総務女子です!

 

もう5月も半ばに入り、いよいよ夏がやってきますね!!

 

ということは!

そうです、エアコンを使う季節ですよね。

 

 

毎年、エアコンを使いだす前にクリーニング業者に清掃をお願いしてから

 

使いだすお客様も多いのではないでしょうか。

 

 

 

エアコンのフィルターが毎年汚れるように、

 

クリーンベンチやフィルターチャンバーに使われているフィルターも

 

エアコンのフィルター以上に汚れています!!!

 

 

こちらの写真は、フィルターチャンバーのフィルター交換の様子です。

 

上が1年使用したプレフィルターで、下が新品のプレフィルターになります。

 

この違いは一目瞭然です!!!

 

 

また中性能フィルターも1年の使用で、新品と使用済みではここまでの違いが出ます。

 

これらは基本的に水洗いは出来ませんので、定期的な交換が必要です。

 

目安としては1年に1回を推奨しています。

 

 

フィルターが汚れると運転効率が下がり、更には清浄度が保てなくなります。

 

 

 

いつ交換したか覚えていないお客様、そろそろ交換時期だなと感じているお客様は、

 

ぜひ相談だけでもけっこうですので、気軽にお問い合わせください。

 

また、インスタグラムも毎日更新しておりますので

覗きにきてくださいね。

 

TAKASHOインスタグラム

 

 

また色検査用に特化した超高演色LED蛍光灯用の

インスタグラムにもぜひぜひ遊びにきてくださいね。

 

TAKASHO色評価台インスタグラム

 

 

 

 

局所排気設備・排ガス洗浄装置のことなら

貴商エンジニアリング株式会社へ

本社・戸田工場

〒335-0035

埼玉県戸田市笹目南町38-10

TEL 048-422-0156

FAX 048-421-2913

 

こんにちは!

総務部のNです!

 

5月になり、新生活を送っている方々は環境に慣れてきた頃でしょうか?

気温も暖かくなり、動きやすい時期になってきましたね!

なんと!今はもう暦の上では夏なんです!

 

季節の変化を表す暦として、「二十四節気」と言うのがあるのをご存知でしょうか?

二十四節気とは、1年を春夏秋冬4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けて季節をあらわす名前をつけたものです。

 

この二十四節気はカレンダーや季節の移ろいを細やかに知らせるしるべとして、

昔から大切にされてきました。

これらは現在でも、旬を楽しむ暮らしの暦として、春夏秋冬に彩を与えてくれています♪

 

その二十四節気の中でも、私が一番好きな「小満(しょうまん)」を

もうすぐ迎える時期になりました!

 

〜小満(しょうまん)〜

輝く陽の光を浴び、花も人も虫たちも、あらゆる生命がみちてゆく季節。

2024年の小満は520日から64日までの期間です。

 

小満には、あらゆる生き物が勢いよく成長して生命力に満ちるという意味があります。

また秋にまいた麦などの作物が実る時期であり、農家が「小さく満足する」ことから「小満」と呼ぶようになったという説もあるそうです。

 

なんとも素敵な季節ですよね!

私は毎年この時期になると植物の生命力を感じ、自分も頑張ろうと思うのです。

 

いつも自転車通勤をしているので

道端のお花もたくさん咲いています!

お花って、外で見る方がより綺麗だなぁって思いませんか?

 

それは何故か? 実は太陽光に秘密があるからなんです!

 

太陽の光は白色光といい、日中の太陽は白っぽく見えますよね!

でも、実際にはこの太陽の光には、さまざまな色が含まれているんです。

 

光のスペクトル」という言葉を聞いた事があると思います!

白色光をプリズムと呼ばれるガラスでできた三角形の器具に照射すると、

光の色は波長によって屈折率が違うので、虹のような色の帯が現れます。

この光の帯は太陽光のスペクトルと呼ばれ、

光がさまざまな色の光に分解される事を光の分散といいます。

 

このように、自然光は全波長の色を含んでいるため

モノの発色が綺麗に見えるのです!

 

弊社では、そんな自然光に色の演色性を近づけたLEDを取り扱っております!

色品質検査用LED製品一覧

 

自然光とLEDライトの比較写真を投稿しているInstagramもやっておりますので、

こちらもチェックしてみてください!

TAKASHO色評価台インスタグラム

 

少しでも、ご興味がありましたら

お気軽にお問い合わせください!

 

以上、総務部Nでした!

皆さんこんにちは!

今回はドラフトチャンバーの最適な材質選びについて紹介します

 

ドラフトチャンバー導入の際に検討すべきことはまずどのような薬品、物質を使用しているのか、

 

また排気経路、作業面の大きさ、高さ、等様々なことがありますが、

 

今回はドラフトに使用される材質にスポットを当ててみます。

ドラフトチャンバーの材質について

ドラフトチャンバーの本体に使われる主な材質は3種類あります。

 

 

それぞれの特徴として・・・

 

スチール製 

 

●加工のしやすさや、一般的なドラフトに使用される材質のため 比較的に安価に提供できる

 

●粉体塗装による耐薬品性

 

●耐火性

 

ステンレス製

 

●耐有機溶剤

 スチール製品の粉体塗装を溶かしてしまうような溶剤を使用する場合

 

塩化ビニール製

 

錆びない素材のため、 金属を腐食させる酸・塩素系ガスなどを使用する場合

が挙げられます。

 

もちろん本体の材質の他に、内壁材作業面の材料も使用状況に応じて選択できますので、

使用する薬品等を教えていただければ、最適な材料を選定し、お客様に合ったドラフトチャンバーを作っていくことができます。

 

一般的なドラフトチャンバーについて

 

 

ブログ以外にもインスタグラムで随時社内の様子をあげていますので

ぜひご確認ください!!

 

TAKASHOインスタグラム

 

 

無料相談窓口

本日は当社製品のクリーンベンチをご紹介します。

 

 

こちらはクリーンエアが作業面上部からダウンフローする

垂直気流型のクリーンベンチ(CLH-130)です。

 

ステンレスでできており、熱に強いのが特徴です。

 

 

そして今回は利用者様の希望により

殺菌灯とバーナーがついており、特注品となっております。

 

 

 

 

 

 

当社のクリーンベンチは殺菌灯やガスバーナーだけでなく、

UVカットフィルムガラス、フィルター目詰まり時のアラーム機能が付いた電子差圧計

などをオプションとしてつけることが可能です。

 

こんな形があったらいいのにな、こんな機能がついてたらいいのにな、

様々なご要望があると思います。

 

法人様のご希望に沿った製品を提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

〈 お問い合わせ先 〉

局所排気設備・排ガス洗浄装置のことなら
貴商エンジニアリング株式会社へ

本社・戸田工場
〒335-0035
埼玉県戸田市笹目南町38-10
TEL 048-422-0156
FAX 048-421-2913

こんにちは^^

総務部女子です。

 

 

弊社は4月に6名の新入社員

 

迎え、さらに活気づいております!!

 

今日も一日張り切って行きましょう!!

 

 

さて、今日はタイトルにもあるように私の教育方針を勝手に語ろうと思います!

 

興味のある方はぜひお読みください。

 

 

 

私には5歳と2歳の息子がいます。

 

特に長男くんは何かに失敗すると、とにかくすぐに泣いていじけます。

 

 

「泣く」ということは決して悪いことではなく、

ただただ悔しいのだと思うんです。

 

 

・卵を割る時に、卵の殻が入り込んだ時。

 

・牛乳を思いっきりぶちまけた時。←本当は母は発狂したいやつ(笑)

 

・マリオカートで適当に操作していた弟に負けた時(笑)

 

 

 

そんな彼に、母は合言葉のようにこう問いかけます。

 

「失敗は、、、、?」

 

そうです、成功のもと!

 

 

「成功のもとーーー!!」

 

 

合言葉のように彼が失敗すると、必ずこのやり取りがあります。

 

 

失敗はどんどんしなさい。

失敗の先には必ず成功があるよ!!

 

 

 

そして「決してあきらめるな!」と伝えます。

 

 

その一言で、彼は不思議と気持ちが切り替わるのかとてもいい表情をするのであります。

 

 

 

いつか息子達が

 

「あの母親とのやりとりがあったからこそ、今の自分がある

 

 

なーんて思ってもらえたら、この上ない喜びです❤

 

 

来年はとうとう小学生✨

 

ぜひ強く、逞しい子に育ちますように✨

 

なので、私は失敗を恐れずに前進するのみ精神で

子ども達に負けないよう今後も引き続きTAKASHOの一員として精一杯、

身を粉にして働きたいと思います!

 

少しでも興味を持っていただいた方は、ぜひTAKASHOのホームぺージも覗いてみて頂きたいと思います!!

 

↓        ↓        ↓

 

貴商エンジニアリング株式会社ホームページ

 

 

 

インスタグラムにも力を入れており、毎日投稿に励んでおります、ぜひぜひご注目して頂けると幸いです。

 

↓        ↓        ↓

 

TAKASHOのインスタグラム

 

 

 

以上、総務部女子でした✌

 

 

 

現在、ドラフトチャンバーなどの局部排気装置を設置されている方、また今後の導入を考えている方、ご存知でしょうか。

 

 

ドラフトチャンバーは安衛法により、定期点検が義務となっています。

1年以内ごとに1回、定期自主検査を実施し、その記録を3年間保存しなければならない、とされています。

 

 

弊社ではドラフトスクラバーを法律で定められている項目に則り、点検し、

後日、報告書として提出させていただいております。

 


定期点検は、設備機器の寿命を伸ばし、使用者の研究環境も守ります。

 


以下の写真は先日の定期検査の様子になります。

 

 

 

 

  

 

 

 

今回はドラフトの風速測定や制御盤の点検、排気ファンのVベルト等を確認しました。

 

Vベルトは劣化により亀裂が入っていたため、交換いたしました。

 

 

このように専門の技術者が隅々まで点検し、改善や修繕等も行いますので安心してお任せください。

 

 

現在設置してあるドラフトチャンバーやスクラバー、排気ファン等の定期検査のご相談、

また今後導入を考えているお客様は、

設備導入前から導入後のメンテナンスまで一挙に弊社が承っておりますので、

どうぞご検討よろしくお願いします。

 

 

 

下記またはホームページお問い合わせ欄よりお問い合わせください。

 

〈 お問い合わせ先 〉

本社・戸田工場
〒335-0035
埼玉県戸田市笹目南町38-10
TEL 048-422-0156
FAX 048-421-2913

 

 

お問い合わせはこちらよりお願いします

 

 

 

こんにちは☀

総務部のNです!!

 

4月を迎え、新年度になりましたね!

新たな生活をスタートさせた方も多いと思います。

 

ちょうど一年前、私はTAKASHOに入社しました。

あれから一年経ったのだと思うと、とても早く感じます。

当時を思い出すと、私は期待と不安で胸がいっぱいでした。

この時期、同じような思いの方が沢山いるかと思います。

 

とあるアンケートでは、

なんと新入社員の9割以上が不安を抱えているという結果もあります!

新入社員の悩みランキング

 

でもでも、

貴商では入社後にしっかりした研修制度と手厚いフォローがあります!

私も入社後はOJT教育を中心に、先輩方が丁寧に教えてくれたので安心して働くことができました!

 

どの会社にも言える事だと思いますが、

新入社員の悩みを解決するには、研修体制の充実が効果的です!

 

 

新人時代は誰しもが通る道です!

だから、自分の新人時代の頃を思い出して、相手の立場になって接していきたいですね!

 

 

さて、TAKASHOにも4月から6名の新人が入ってきました!!

現在はローテーションで各部署をまわり、研修を行なっています!

総務研修もあるので、私が教えられる事はたくさん教えていきたいと思います!

 

皆さんの職場にも新人が入ってきて、

どう仕事を教えればいいのか困っている、そこのあなた!!

一緒に頑張りましょう!笑

 

教えるというのは難しいですよね。

私たちは教え方を学ぶ機会など、普段の生活ではほとんどないと思います。

何となく手探りで教えているけど、正しいやり方なのかわからない、、、。

 

そこで、おさえておくと役に立つ

教え方のノウハウを調べてみました!

 

◎相手に指示をする時は「肯定表現」を使おう!

例えば、

【否定表現】「土足のまま、部屋に入らないで下さい。」

【肯定表現】「靴を脱いで、部屋に入って下さい。」

否定表現と肯定表現では、印象が変わってくるのではないでしょうか。

否定表現は、高圧的に捉えられがちで、ネガティブイメージに繋がります。

相手にスッと受け入れてもらい易い肯定表現を使うことがオススメです!

 

◎相手に考えさせる質問型コミュニケーションをとろう!

一方的に教えたことを覚えてもらうだけでなく、

質問を通して考えさせる事が大事です。

人はよく考えて辿り着いた正解については、

そこに至るまでの手順がしっかりと記憶に残ります。

ただ、新人は考えるだけの情報を持ってないケースがよくあります。

だから、ある程度考え方と考える材料を与える必要はあるかもしれませんね。

 

 

そして最後に、

人に教えることで一番学ぶのは自分です。

人に教えるというこの機会を、自分が学び成長するチャンスとしましょう!

 

以上、総務部Nでした!

局所排気装置を導入される際

見落としがちなものとしてダクト工事が挙げられます。

 

 

 

  

 

 

 

装置に対しては

性能や種類をたくさん見て考えられる方が多い一方で

ダクトについてはどうしても後回しにされやすいですよね。

 

 

 

装置を長く高い機能性のまま利用されるには

きちんと考えてほしいことの1つです。

 

 

後から「なんだか思っていたのと違う」という事になりかねないためにも

ダクト工事を行う際、何に気を付けているかご説明します。

 

 

 

 

1つめ、ダクトは最短距離

 

 

 

 

ダクトは最短距離となるように計画します。

 

ダクトは、長さ、曲がりをそろえ、

分岐を行なう場合はできるだけ機器本体に近い位置で分岐をとることが

風量バランスを考える上で最も大切です。

 

ダクト口径については、圧力損失を少なくするため、

ダクト総長を短くする、曲がり(エルボ)を減らすなどの配慮が必要です。

 

 

 

 

2つめ、ダクトの抵抗損失に注意

 

 

 

 

ダクト内では空気の流れを妨げるような抵抗力が発生し、圧力損失が生じます。

 

また、給排気口、分岐、曲がりなどは、大きな抵抗力が発生しますので

ダクトの抵抗損失は、できるだけ同じになることが望ましいといえます。

 

 

抵抗損失を考慮してゾーニング、ダクトルート、ダクトサイズを

設定する必要があります。

 

 

 

 

3つめ、無理なダクト接続は禁物

 

 

 

 

1つめでダクトは最短距離が大事と書きましたが

いくら最短距離といっても無理なダクト接続は禁物です。

 

ダクト内では空気の流れを妨げるような抵抗力が発生し、

圧力損失が生じてしまうためです。

 

また、給排気口、分岐、曲がりなどは、大きな抵抗力が発生し、

送風動力が増加しエネルギーの無駄が発生してしまいます。

 

 

 

 

 

 

4つめ、ダクトの騒音防止

 

 

ダクトは何の対策もせずに設置すると

内部の風洞やダクト自体が振動し、音をよく伝えてしまいます。

 

研究環境最適化計画を謳う当社としては

騒音なんてもってのほかです!

 

ダクト板の振動は、補強材などでしっかりと防止することで騒音を防ぎます。

 

また、送風機やダンパで発生する伝播音は、消音器を用いることで

快適に過ごすことができます。

 

 

 

 

 

 

最後の5つめは、メンテナンスのことも考える!

 

 

ダクトも長年使用すれば必ずメンテナンスが必要になります。

 

もちろん装置も同様ですね。

 

 

 

メンテナンスの邪魔にならない位置にダクトを配置することも

大事な計画の一つです。

 

 

窮屈な配管は避け、

ゆとりをもった配管工を行う事が大切です。

 

 

 以上、いかがでしたでしょうか?

 

スクラバーやドラフトチャンバーなど

装置を導入される場合はダクト工事のことも

頭にいれていただけると快適な実験環境をつくることができると思います。

 

 

もちろんタカショウでは

ダクト工事をはじめとして様々なニーズをお持ちの方の

もっともよい実験環境づくりをお手伝いいたします。

 

気になることがあれば

お気軽にご相談くださいね!

 

 

 

 

局所排気設備・排ガス洗浄装置のことなら

貴商エンジニアリング株式会社へ

 

本社・戸田工場 〒335-0035

埼玉県戸田市笹目南町38-10

TEL 048-422-0156

FAX 048-421-2913

その他研究設備・実験設備のことなら
お気軽にご相談ください。
全国納入実績多数あり、
お打ち合わせ・ご相談は無料です。

<お電話でのお問い合わせ>048-422-0156

月〜金/9:00〜17:30
土日祝日除く

GO GREENSustainability,Respect For The Future

「持続可能な未来へ」

私たちはサステナビリティという原則を大切にしています。
持続可能性は私たちの日常のオペレーションの全てにつながっており、
環境に対する配慮と経済的にも持続可能であること、社会的な責任を意識し、
そのバランスを考えた「ものづくり」をおこなっています。

TAKASHOの取り組み