SUPPORT

トップページ > サポートサービス > リース

設備導入がますます
「手軽で、便利に!」

従来の「購入」に加え、「リース(ファイナンスリース)」をご用意いたしました。
ご利用の用途や年数、導入予算などによって、最適な方法を選択して、効率よく設備投資が行えます。

ファイナンスリースとは

ファイナンスリースとは、お客様が希望される設備をお客様に代わってリース会社が購入し、それをお客様に貸し出す賃貸借契約です。原則中途解約は不可で、リース期間中にリース料としてお支払いいただきます。
リースのメリットと特徴

工事費をリースに含む事も可能なので、初期費用の心配なし

少額で設備を導入できる(予算枠にとらわれずに設備の導入が可能)

資金調達の多様化(金融機関からの借り入れ枠が減りません)

リース料を経費にでき、事務負担の軽減(月額料金が一定でコスト把握が簡単)

投資コストの平準化ができる(金利変動リスクも回避、キャッシュフローも安定)

機械設備の陳腐化リスクを軽減(耐用年数に関わらず、リース期間を自由に設定)

リース契約満了後も、再リース契約でさらに安く利用できる

税務上は全額経費計上できる
「リース」がおすすめ!

「リースか」「買取か」の決め手の多くは「経理上の違い」です。
リース契約は設備がリース会社所有のものとなり、全額経費で計上ができます。
「購入」は逆に固定資産となり、減価償却計算や保険料の納付などの事務負担がかかります。
さらに、リース契約の魅力は「資金があまりない」「導入に費用をかけたくない」など、
初期費用を安く抑えて導入したい方にオススメです。

「購入」「リース」比較一覧

その他研究設備・実験設備のことなら
お気軽にご相談ください。

<お電話でのお問い合わせ>048-422-0156

月〜金/9:00〜17:30
土日祝日除く

解決力トラブルを未然に防ぎ、安全性を保持します。
メンテナンス/設備洗浄

研究設備において、機器の異常を察知した時点で、有害な影響が出始めています。適切な保全活動を行うことが、研究者の安全、安心、設備の耐用年数の増加、ランニングコストの削減、環境負荷の低減など多くのメリットが見込まれます。

その他研究設備・実験設備のことなら
お気軽にご相談ください。

<お電話でのお問い合わせ>048-422-0156

月〜金/9:00〜17:30
土日祝日除く

GO GREENSustainability,Respect For The Future

「持続可能な未来へ」

私たちはサステナビリティという原則を大切にしています。
持続可能性は私たちの日常のオペレーションの全てにつながっており、
環境に対する配慮と経済的にも持続可能であること、社会的な責任を意識し、
そのバランスを考えた「ものづくり」をおこなっています。

TAKASHOの取り組み